No.81  投稿日時:2020/05/29 21:31  投稿者:山口隆夫
Eメール:yamtakao@cameo.plala.or.jp
小田原史談会の会報のお勧め
5月27日投稿の方様
ホームページのメインティナスが遅れており、申し訳ありません。
小田原史談会では会員向けに年4回会報を発行しております。
よろしかったら、小田原史談会にご入会されると会報をお届けします。なお、年会費は3000円です。
上記、小生のメールアドレスにご連絡をいただけますと入会のご案内をいたします。


No.80  投稿日時:2020/05/27 12:57  投稿者:匿名(小田原在住)
Eメール:
お願い
7~8年前より小田原史談会のホームページを愛読していました。
かなりの高齢で足も悪く旅行へ出かける機会もなくなり記事を楽しみにしていました。
最近、史跡巡り紀行に新しい記事が無く、また会報の一部を見ることもできず、また掲示板の質疑応答もなく寂しくなりました。
以前のように楽しい記事を読ませていただけたら嬉しく思います。




No.79  投稿日時:2020/04/11 19:44  投稿者:石井光次郎
Eメール:ishiikoujirou@gmail.com
会報について
初めてメールいたします。
会員ではございませんが、市立図書館の蔵書検索で貴会の会報をみつけました。
図書館の検索では未所蔵となっているため、メールで照会させていただきます。
貴会会報を閲覧させていただきたいのですが、可能でしょうか。
メールにて不躾ですが、教えていただければ幸いです。


No.78  投稿日時:2020/01/28 16:56  投稿者:西村
Eメール:yutatan1988@yahoo.co.jp
大森氏について
大森氏について心寄せる者です。
北条氏が取り上げられれば取り上げられるほど、それ以前の大森氏について興味と関心が湧いてきます。残念ながら大森氏に対する内容を調べようとしても勝者の歴史の中に葬られたのか、中々思うように知ることができません。大森氏頼など、太田道灌と並び立つ武将として言われていたにもかかわらず肖像画すら出てこない寂しさを感じます。大森氏がどこから来て、どのような影響を与えたのか?忘れ去られることがないように多くの人に知っていただきたいと、南足柄で「郷土愛セミナー」開きたいのですが、講師としてわかりやすく語ってくださる方はいらっしゃらないでしょうか?


No.57  投稿日時:2015/08/25 13:49  投稿者:石井
Eメール:isi-1410@nifty.com
雁木町について
小田原市の「おだわらの町名・地名」は、「雁木(町)は、代官町の東南端から千度小路の西南部を海岸に並行して延びる横町です。なお、今でも地元では無量寺裏を東から南に走る道路の海岸側の地域を雁木(がんげ)と呼んでいます」と、2カ所を説明しています。
質問者の2カ所は、ここを言われているのでしょう。
また、同書は、「江戸時代の小田原府内は19町で構成され、その町人町には「横町」や、町を小分けした「小名(こな)」がありました」と、あります。
雁木(町)は、この「小名」に相当します。では、「小名とは?」 学者さんの難しい「小名論」もありますが、私は、地元とその周辺の人たちが呼び慣わした通称と考えています。
従って、前記2カ所は、どちらも地元の人たちが呼び慣わしてきたのです。
そして、小田原には古新宿にも「雁木」と呼ばれる地域がありました。つまり、3カ所あったわけです。このことは、当史談207号(平成18年10月号)で「小田原宿の雁木(がんげ)町とは?」と題して、尾上武氏が、呼び名は元より、地図や図形を使用して分かりやすく説明されています。
是非、「小田原史談207号」をお読みになって下さい。


No.56  投稿日時:2015/08/22 12:52  投稿者:tsuruta
Eメール:tpoluka@hotmail.com
雁木町
教えてください。江戸時代小田原に雁木町と言う名がありましたが、調べても現在どの当たりかはわかるのですが具体的な場所が分かりません。先日市に問い合わせましたが抽象的な回答しかなくわかりませんでした。私が推測します2か所のどちらかと思いますがご存知の方がおりましたらお願いいたします。推測の場所①現在の本町3-15-55「電柱に徳常院の看板が掛かった」道を右折し昔の市場横町-昔の野沢横丁の露木酒店までのジグザグとした道?②御幸が浜の本町3-14-9妙泉寺裏の道から入り無量寺裏-昔の市場横町へ出る道まで?以上の2通りが考えられますが。よろしくお願いいたします。


No.55  投稿日時:2015/08/17 16:15  投稿者:kouji
Eメール:tpoluka@hotmail.com
掲示板の活用。
小田原に住んでいて「疑問が、そこが、それが、どうして、何故、何時から、何処に、兎に角知りたい、懐かしいetc」難しいことは抜きで皆様のお知恵をお借りし少しでも情報を生きているうちに貯めたく思います。素人の何気ない疑問等を投稿しますので今後も会員の皆様よろしくお願いいたします。お互いに勉強しましょう。投稿欄をもっと「活用」し人生を楽しみましょう。と言っても私は会員ではありませんが。会員の方の何人がこの掲示板を見ているのでしょうか。よろしく。


No.54  投稿日時:2015/08/07 15:29  投稿者:tsurutas
Eメール:tpoluka@hotmail.com
早速にありがとうございました。
こんなに早くご回答が頂けるなんて思っておりませんでした。よく分かりました。今後もよろしくお願いいたします。


No.53  投稿日時:2015/08/06 21:26  投稿者:石井 啓文
Eメール:isi-1410@nifty.com
香沼姫について2
掲示板の投稿に慣れていません。尻切れトンボになってしまいました。
私事を書いて良いのでしょうか。
今秋、「キャンパスおだわら学習講座」で、「北條五代を支えた女性たち」を開催します。
その第1回(10月8日)で、「崎姫と香沼姫」を話します。資料を基にお話します。
ご都合がつき、ご来場いただければ、嬉しく思います。


No.52  投稿日時:2015/08/06 20:31  投稿者:石井 啓文
Eメール:isi-1410@nifty.com
香沼姫について
一史談会員で僭越ですが香沼姫についてのご質問に、私が調べた範囲内でお答えさせていただきます。
①香沼姫は実在しないとの意見? A、香沼屋敷跡と墓が現存しています。これは、後世の作り物とでもいうのでしょうか。実在しないということでしたら、その論拠を私も知りたく思います。
②香沼姫の氏綱の子は本当でしょうか? A、香沼姫の史料は、「相模風土記」と「相中留恩記略」の2点です。この2点に氏綱の息女と記されています。これを信じるか、信じないか、の問題でしょう。
③崎姫との関係は? A、崎姫も氏綱息女との史料がありますから姉妹でしょう。母親は違うと思いますが・・・
④香沼姫と山本家の関係は? A、前記史料の「相中留恩記略」に、香沼姫の母親は「山本家の人」とあります。しかし、他の氏綱史料に、山本家の人を側室にしたという史料はありません。なお、香沼姫史料は2点としましたが、あと「山本家文書」があります。ただ、この文書は公開されていません。従って、この文書にどういう文書があるのか、私は知りません。
⑤その他、香沼姫に関すること? A、崎姫の文書が数点残されています。その内の1点に、崎姫が亡くなる前年とされる文書に、「香沼姫に代筆させた」と記されています。実在の証拠の一つでは・・
なお、私事


全53件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。     1 2 3 4 5 6 ページ

このページのトップへ