No.51  投稿日時:2015/08/04 15:35  投稿者:tsuruta
Eメール:tpoluka@hotmail.com
教えてください。
素人の質問ですが、香沼姫について教えてください。①香沼姫は実在しないとの意見もありますが実在したのでしょうか。②香沼姫は氏綱の子とされていますが本当でしょうか。③崎姫との関係は。④香沼姫と山本家の関係はどうなっているのですか。⑤その他香沼姫に関しての情報がありましたら教えてください。


No.49  投稿日時:2015/02/27 11:01  投稿者:河野龍也
Eメール:kono-tatsuya@jissen.ac.jp
養生館について
小田原の文化人について調べている者でございます。
御幸浜にあった旅館「養生館」について、岡部忠夫様が
『小田原史談会々報』138号からご連載になった、館主
西村隆一様へのインタビュー記事を拝見いたしまして、
貴重なご記録に感激した次第です。

養生館には谷崎潤一郎を訪ねて、大正9年末から10年
にかけて佐藤春夫が滞在していたようですが、当時の
養生館の様子が分る写真や、宿帳のようなものが存在
するでしょうか。御連絡先が分らぬままに、この掲示板を
見つけまして、突然で恐縮ながらお伺いする次第です。
お詳しい方がいらっしゃいましたら、ご連絡先をメール
あてにご教示いただけますと幸いです。よろしくお願い
申し上げます。


No.48  投稿日時:2014/12/31 14:14  投稿者:中條利昭
Eメール:nakajou@mb.scn-net.ne.jp
相馬神社と小田原藩士相馬氏
自分で質問していて、変ですが、調べて分かったことを紹介します。

相馬神社があった所は、藩士の相馬氏の屋敷内であったようだ。
「文久図」(小田原城天守閣 平成十四年)に、相馬神社があった所は、「相馬清四郎」の侍屋敷だった。
天明二年、大久保氏分限帳(神奈川県史 資料編5)を見ると「高四百六拾石 相馬小十郎」とあり、天保十年頃の「小田原領明細調査」(二宮尊徳全集14巻)には、「御徒頭、御側詰、寄合」と書かれた次に五人の藩士が出ていて3番目に「高 高四百六拾石 相馬七左衛門」とあります。
相馬神社が創建された時期は、大久保氏が再度小田原藩に移った貞享三年以降だったと思われる。創建したのは、相馬氏だったと思われる。
「小田原 封建時代の19世紀中頃」(昭和四十九年 中村静雄)を見ると、「相馬清四郎(平将門子孫)460石」とありました。これが史実だったら、驚きである。

訂正  「小餘綾城趾市街略図」は明治二十六年のものでした。


No.47  投稿日時:2014/12/27 09:20  投稿者:中條利昭
Eメール:nakajou@mb.scn-net.ne.jp
合祀後の相馬神社について
初詣に松原神社に行って「相馬神社」を探そうと思っていましたが、昨日見た「神奈川県神社庁」のHPには、松原神社の境内には、古くは十二社あったが、今は住吉、鹿島、手置、稲荷、八幡の五社だけとありました。
一体、何時、廃社になったのか、調べてみたら、「明治神社誌料 府県郷社 上」(明治神社誌料編纂所 明治四五年)には、すでに「相馬神社」はありませんでした。合祀後2,3年でなくなっているのです。
疑問がわきました。
①「相馬神社」は、他県にも同名の神社が沢山あり、将門に関係があるものも見られます。それと関係があるのか。
②小田原町の相馬神社は、誰が創建したのか。個人か。相馬神社があった処に住んでいた人物は誰か。
③どうして合祀されたのか(南方熊楠が猛反対した「神社合祀令」と関係があるようだが)。
④どうして廃社になったのか。
これから調べてみたい(松原神社にもお聞きしますが)と思いますが、ご存知の方がおりましたら、お知らせください。


No.46  投稿日時:2014/12/25 11:12  投稿者:中條利昭
Eメール:nakajou@mb.scn-net.ne.jp
相馬神社 追加
相馬神社の所在地について
①「小田原市史」の資料編 近代1の付図「小餘綾城市街略図 明治九年?」
② 同資料編近代2の付図「小田原案内図 大正二年」が参考になります。
①には、大きく「相馬神社」が載っています。地図で言うと城址の近く右斜め下に大きく書かれています。
②は、当然、相馬神社は松原神社に移っているのでそこには、ありませんが、緑町一丁目に、「小林病院」、「吉松別荘」、「小峯別邸」などがあり、直線の道路であった「上幸田」「下幸田」に挟まれています。凡そ、どの辺かは、想像がつくと思います。実際の資料に当たってみてください。
明治・大正期の小田原町の地図を見ていると、郷土小田原の様子が垣間見られるようで、私には、悦楽です。平塚在住なので、小田原には、月に1度行きますが、時間があれば、松原神社を尋ねてみようと思います。


No.45  投稿日時:2014/12/24 14:47  投稿者:中條利昭
Eメール:nakajou@mb.scn-net.ne.jp
緑町の相馬神社
ご質問、ありがとうございます。自分が書いたことに、一つでも反応があると、とてもうれしいものです。さて、わたしは、まだ小田原地方に関する歴史を調べ始めたという段階で、今の時点では、主に文献による調査方法をとっています。この方法が自分の性に合っているからです。
相馬神社について分かっていることは、現在、緑町には存在していないことです。「小田原市史」の年表p263を見ると、「この年(筆者注 明治四十一年)緑の相馬神社・茶畑の稲荷神社、松原神社に合祀される(430)。」とあります。(430)は、「小田原市史」の資料編の整理番号だと思います。相馬神社に誰が祭られているかは、調べてみてください。
答えになっているかどうか不安ですが以上です。


No.44  投稿日時:2014/12/21 15:35  投稿者:t-bolan
Eメール:tpoluka@hotmail.com
何方かお尋ねします。
齋藤緑雨の小田原町での齋藤緑雨と金澤タケ」の事の記事の中に、「明治41年2月15日付けでは小田原の花相撲一行が緑町一丁目相馬神社脇の広場で興行し」とありますが、緑町一丁目の相馬神社とは聞いたことありませんが、相馬神社があったとしたら現在で言えばどの辺の位置ににあったのですか具体的に教えてください。


No.43  投稿日時:2014/11/30 17:17  投稿者:wands
Eメール:tpoluka@hotmail.com
分かったら教えてください。
小田原城の二の丸と御用米曲輪を結ぶ「相生橋」通称羊橋とは何処にあったのですか。旭ヶ丘高校裏手でしょうか。又は今はありませんが弓道場付近にあった「青少年会館」当たりでしょうか。よろしくお願いいたします。


No.42  投稿日時:2014/11/26 14:10  投稿者:小田原史談会HP管理者
Eメール:ueda168@basil.ocn.ne.jp
Re:どなたか知りませんか。
wands様、いろいろ調べましたが、確かに小田原に益田コートはありましたが、いつオープンしたかは不明です。
閉鎖は昭和29年11月28日だそうです。又、専売公社との関連も不明です。
継続して調べたいと思いますので、暫く時間を下さい。


No.41  投稿日時:2014/11/26 09:37  投稿者:小田原史談会HP管理者
Eメール:ueda168@basil.ocn.ne.jp
Re:何年の紀行文? 「禹王(うおう)をたずねて中国を旅する」
伊豆川様ご投稿有難う御座います。旅をしたのは2011年(平成23年)です。


全53件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。     1 2 3 4 5 6 ページ

このページのトップへ